カウンター


無料カウンター

プロフィール

米じろう

Author:米じろう
やることが、多いよ!!

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

テイルズ系リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

無題

じろう投稿動画集

私があげた動画

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

らふっぽい
日々の徒然を淡々と。たまに絵描くよ、動画作るよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS2キャプチャ
キャプチャー環境を色々と調整中。

必殺捕獲術さんが、ビックリするくらい役立たずだったので、
何とかHDMIキャプボのみで色々運用しようと、思考錯誤をする。



そこで思い付いたのが、こちらを使用する方法。

P1010773[1]

オンキヨー、TX-SA608大先生。


自室の映像機器と音響設備を全て管理する、大母艦。
私の映画鑑賞の最愛の友。


この子の作りだす5.1chサラウンドの透き通った音は、
聴いてるだけで、股間が キュンっ! となってしまう。



いろいろ長いので、続きにて。
 
 
 
PS3やPS2、WiiやN64など、あらゆる機材をこの子で管理しているのだが、
この子のすごい所は、D端子接続だろうがコンポジット接続だろうがなんだろうが、
すべてHDMI端子に変換して出力してくれることである。

おまけにインターレース映像もプログレッシブへ自動変換。

480iしか取り扱えないPS2も、この子を使えば720p出力が出来るのである。
まあ、元映像がSDサイズなので、HDサイズに直しても差はないが、
インタレ解除を行ってくれるのはかなり大きい。

接続例


早速この方法でPS2のリメDをHDMIキャプチャしてみる。





今までとは別物と思えるほどの画質向上に、私自身あいた口がふさがらない。
コレはヤバイ…。


秘奥義カットインで比較してみても、映像にメリハリが生まれている。

カットイン


TX-SA608大先生は、音声のスルー機能も付いているので、
スピーカーから音を出すことなく、音声をキャプボに出力する事も可能。

PS3の場合、TX-SA608側で、1080p映像を720pに変換すれば、
PS3の映像出力設定をいちいちいじる必要もないので、
コレは相当良い運用の仕方が出来るんじゃないだろうか。



どうしよう、ホントに捕獲術さんがゴミになりそう。
 
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。