カウンター


無料カウンター

プロフィール

米じろう

Author:米じろう
やることが、多いよ!!

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

テイルズ系リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

無題

じろう投稿動画集

私があげた動画

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

らふっぽい
日々の徒然を淡々と。たまに絵描くよ、動画作るよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の自分、振り返る気はないです
虫氏から、3DCGの制作依頼が来たので、
大学にいってきた。

久々に先生とかとお話が出来たべ。

家でゴロゴロしてるより、こうやってた方が、
なんとなく有意義に過ごせてる気になれて、安心できる。

とりあいず、依頼されたモノは作って、任務完了。
大学の案内冊子に使われるとか。
楽しみだべ。



水曜日に、お花見をしようという話が出てるのだが、
現段階で花が咲いてないという状態。

いい感じにつぼみが膨らんできて、
水曜日にはポツポツ咲きそうなのだが、
ピンポイントで、その日は雨予報。

世の中うまくいかないものね~、と改めて実感させられた。

個人的には、
奇跡的に天気が回復してみんなが幸せになれるんじゃないかと、
無謀な予想を立ててみる。




どこかのあの人が、恋愛に夢中になってるようで、
少しうらやましくなったり、そうでなかったり。

といっても、
自分の事は考えても始まらんから、
テケトーに「初恋の手紙」的なのをやってみよう。

手紙の内容はどうでもいいのです。

【短評】
素直な性格で女性の気持ちもよく分かる。
心の壁があまりない。だが男らしく見られず、「いい人」で終わることも。

【あなたの恋愛事情を考察】
じろうさんは基本的に、優しさや物腰の柔らかさを持っていて、
どちらかというと女性に多く見られる傾向だと言えるでしょう。
卑屈なところがなく、特に傷ついた女性や、
男性をかわいがりたいタイプの女性には人気があるかもしれません。

しかし大多数の女性にとっては、
じろうさんはどうもドキドキしない雰囲気があり、
男性的な部分をあまり感じません。
好きな女性に優しくしていても、
その女性がひどい男に振り回されてじろうさんのほうを全然見ていない、
そんな悔しいこともあるのではないでしょうか。

冷たいタイプになる必要はないのですが、
じろうさんはどこか相手に合わせてしまうクセがあり、
主体性があまりないと言えるでしょう。


ここから言える、じろうさんにありそうな問題点を列挙します。

◆女性と友達のような関係になり、恋愛に発展しにくい。
◆しっかり者の女性を惹きつけるが、振り回されることも。
◆恋愛の主導権があまりないので疲れやすい。



思い当たる箇所が、いくつかあるのかね?
「いい人」止まりはよくあることさ。
以下手紙の内容。

じろう、元気にしてる?
今でもカブトムシを育てていますか?
なぜか幼虫からメスしか育たない残念なじろうをなつかしく思います。

穏やかなじろうに私が、
「引っ張っていってくれないから乗り換える」
と、宣言してお別れすることになったあの日から、
もう6年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか、
用事があるとかではないんです。
ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、
思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

今考えると、私ってじろうに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。
じろうはいつも私のこと包んでいてくれたのに、
私は臆病で心を開けなかったし、
「じろうはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」
なんて暴言を吐いていましたよね。
それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

あ、私ってじろうにとって初恋の相手ですよね?
そういえばじろうはなんだか、
最初から自信満々だった印象があります。
初キスの後も「君はあっさりしたキスするんだね」って
評論家みたいに言われたなぁ…。
私が早めに終わらせたかっただけだったんですけどね(笑)。

告白するときのじろうは、
必死で「一生大事にするから」とか
酔っ払ったことを言っていましたね。
とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、
やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。
後先考えないところはじろうらしいとも思いました。

総括するなら、じろうと付き合えたことは、
とても感謝しています。特にじろうとの恋愛から学べた重要なことは、
あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。
一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。
ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はじろうが大好きでした。
これからもじろうらしさを大切に、
あと当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)、
いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. まだバク転の練習はしていますか?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://meotosou.blog56.fc2.com/tb.php/1476-20854eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。